ロモノソフ記念モスクワ国立大学

概要:
モスクワ国立大学(通称MGU(エムゲーウー))は旧ソ連・ロシアで最大の高等教育機関であり、世界有数の科学・学術センターのひとつ。1755年4月、M. L. ロモノソフによって創立。当初は哲学部、法学部、薬学部および予備教育部から出発したが、現在では28の学部といくつかの予備コースがあり、多くの研究者が教育・研究に携わっている。現在の雀が丘のキャンパスは1949年 ~ 70年に建設され、230ヘクタールの敷地内には校舎、学生寮のほか、公園、植物園、天文台など27の主要な建物がある。写真の壮麗なスターリン様式の校舎は、モスクワのランドマークにもなっています。
住所 119991, Российская Федерация, Москва, Ленинские горы, д. 1
留学期間:
最低4週間から10ヶ月。延長も可能。
​留学費用:
授業料:5350 USD~(10ヶ月)
寮費: 200 USD(1ヶ月)​
授業:
グループレッスン(最大10名)で週26授業時間(13コマ : 1コマ90分)の授業が行われます(夏期(7・8月)は週24授業時間)。
 
授業内容はレベルに応じて調整されますが、基本的には文法、読解、発音、聞き取り、会話等のロシア語習得プログラムと、歴史や文学などの授業が並行して行われます。​教師はロシア語のネイティブで、多国籍なクラスメイトと一緒にロシア語を初歩の初歩から勉強していきます。
学生寮:
大学寮は雀が丘にある大学本館内の“Г3(ゲーゼー)”、またはその他のモスクワ市内にある寮に滞在します。基本的に1ブロック2部屋を2 ~ 5人で利用します。トイレとお風呂はそのブロック内の同居者と、キッチンは各階の人と共同で利用します。1人で生活するわけではないので、他の学生と一緒に生活するための協調性などが求められます。

ゲーゼー寮から学校までは路面電車を利用して約40分。シャボロフカ寮からは路面電車で20 ~ 30分です。各部屋には、机や椅子、ベッドや毛布など、必要最低限のものはあり、シーツの交換もしてもらえます。

© 2019  ロシア留学センター 

 Address:  St. Spartakovskaya 19 3A,  Moscow, Russia

TEL: +7(901)531-08-26

E-MAIL:  info@moscow-ryugaku.com

  • Instagramの社会のアイコン
  • ロシア留学センター